いろんなことにチャレンジ​するのが

楽しくなってきています!

保護者の声

まぁはすでは、独自の安心・安全の取り組みを行っています。

例えば、帰り道。
商店街をはじめ地域の皆さんとのあいさつをかわしながら、見守りをお願いしています。
あいさつの仕方もしっかりと身につけることができます。

来所時には、入退室カードを用い、入所したことを登録したメールに通知します。

衣食住の「食」においては、化学物質無添加のおやつ&スープを提供し、
「住」においては室内に杉材を使用し、室内空気から化学物質の排出を抑えた環境を提供しています。

これらを通して、お子さまのバランスがよい成長を支援しています。

今後も、安心してお子さまを預けられる学童を目指し、取り組んでいきます。

安心・安全への取り組み

地域との交流でお子さまの安全を見守ります

まぁはすでは、学校帰りの道で地域の人たちへのあいさつ運動を行っています。お互い顔の見える関係を構築することで、何かあったときにすぐに連携して対応がとれるよう、商店街や地域の方々にご協力をお願いしています。

​さらに、定期的に行っている職場体験やお仕事インタビューを通じて、信頼関係を深められるように努めています。

手作りのおやつとスープを提供しています

まぁはすでは、脳の発達を阻害する化学物質対策の一環として、手作りおやつとスープを提供しています。

​同時に、一緒につくることを通して、お子さまの「できた!」を増やすことができ、心身ともにバランスのとれた環境づくりに力をいれています。

また、夕方の軽食スープは、空腹を満たすことに加え、お迎えの寂しさを和らげられることを願っています。

杉の無垢材を使用しています

まぁはすでは、床や机に三重県尾鷲市の樹齢100年以上の杉の無垢材(ワックスやニスなどを塗っていない状態の材)を使用しています。

 

実は、文部科学省でも無垢材の利用が子供の発達に良いと推奨しています。

無垢材の校舎では、子供の情緒の安定に加え、空気中の汚染物質を吸収し、大気の浄化作用があると研究結果が出ています。

 

​さらに、お仕事の繁忙期に悩まされるインフルエンザや風邪などのウイルス感染を防ぐ効果が非常に高いことも明らかになっています。(九州大学 綿貫教授)

 

そのため、お子さまが罹患していなければ通所していただくことができます。

年々増え続けているインフルエンザや風邪による学校・学級閉鎖に頭を悩める保護者の皆さまからも大変喜ばれています。

一般社団法人 未来子ども支援協会

​合同会社   まぁはす

Copyright© Future Children Support Association and Maahasu LLC.

〒221-0802

神奈川県横浜市神奈川区六角橋2−27−2

お電話 :045-620-3753

メール : happys@kmahasu.com

  • Facebook
  • Instagram